すかがわ市M78光の町 – 福島県須賀川市×M78星雲光の国

人口15988
(2019年7月17日時点)

2015/02/13

ウルトラマンゼロ、豆まきの豆に無我夢中…!光の町「豆まき大会」が行われました!

トクダイゴウ

「広報光の町」では、
「すかがわ市M78光の町」でおこった出来事をご紹介してまいります。


 

ウルトラマンゼロ、豆まきの豆に無我夢中…!
光の町「豆まき大会」が行われました!

 

2月3日の立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですね!
しかし、まだまだ寒い日が続く光の町では、今朝は小雪が舞っていました。

 

さて、立春には、地球では豆まきをする習わしがありますね。
光の町でも、町長のウルトラの父の声掛けにより
住民達の健康を願う豆まき大会が行われました。
ひかりたいまつ地区の広場には、約100人の住民が集まって大規模な豆まきのスタートです。

 

ウルトラヒーロー達もパトロールを終えて、豆まき大会に駆けつけました。
楽しみに集まったウルトラヒーロー達でしたが、
「そもそも、まぜ豆まきをするの…?」という素朴な疑問があがり、
特別参加をしていたウルトラマンキングが丁寧に解説をしてくれました。

 

もともと、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、
それを追い払うために悪霊ばらいの行事が行われていました。
そして大寒の最後の日、つまり寒さのピークであるこの日には、
厄除けや健康を祈願する風習として、ヒイラギの枝にイワシの頭を刺したもの(柊鰯)を
戸口に立てておいたり、お寺や神社で豆まきをしたりするようになったといわれています。

 

きちんと由来を理解すると、豆まきがとても重要な行事であることがわかりますね。

さて、豆まきが始まりましたよ。
「鬼は外!福は内!」とみんなで声をそろえて、健康を願いながら豆をまいていました。
ウルトラマンキングは、鬼の面をかぶりながら、みんなの豆から逃げていましたよ。
とっても楽しそうですね!

 

広報光の町1502_illust_togo

 

年の数だけ豆を食べると体が丈夫になると教えてもらって、
張り切っているウルトラ戦士たち。
みんながまだ豆まきをしているのに、
待ちきれないウルトラマンゼロは、ものすごい勢いで豆を食べていました…!

お父さんのウルトラセブンも、ウルトラマンゼロのあまりの迫力にびっくりしていますね。
そんなに一気にたくさん食べておなかを壊さないか心配になってしまいます。

「年の数だけ…」ウルトラヒーロー達は豆を食べたのでしょうか…?
16万歳のウルトラの父は、はたして年の数だけ食べられたのか、少し興味がわきますね。
 

豆まきを満喫した光の町の住民のみなさんは、きっと一年を健康で過ごせるはずですね!
暖かい春が来るまであと少し、健康に気をつけて元気に過ごしましょう。

それでは次回の「広報光の町」もお楽しみに!

 

★この2人が『すかがわ市M78光の町』のご紹介をしています★

ピグモン

ピグモン
美味しいものが大好きで、須賀川の名産品を食べるのを楽しみにしています。
須賀川市のお姉さんと福島県須賀川市のニュースやお知らせを紹介していきます。

ウーマンF

「光の町」観光課のおねえさん
ウルトラ語、地球の言葉、そして怪獣の言葉がわかります。
「光の町」の魅力をみなさんにお伝えしていきます。

コメントをどうぞ

名前は必須ではありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


コメント

ページの先頭へゴー!